2018.0924 2018奨学生コンクール表彰式

本コンクールは7月8月の2ヶ月間で新勧・起こし喰い止め・先起こしを対象としたコンクールで奨学生から20名が入賞した。
1位は宮城県 YCのS君
2位は神奈川県 YCのM君
女性では20位の神奈川県 YCのKさんと全員大変素晴らしい成績で入賞をしました。
入賞者のうち6名が宮城県で出身でも青森、秋田、宮城、山形など東北地方出身者の健闘が目立ちました。

東京連合読売会 労務担当 若井会長の挨拶から始まり、学業と業務の両立をして頑張ってくれた。
大変暑い中よく頑張ってくれて感謝します。

交通事故には十分気をつけて欲しいと挨拶があり、続いて読売育英奨学会 鈴木事務局長の挨拶では、今年は生まれて一番暑かった、でも冬は寒さが厳しく無い分プラス・マイナスがある暑い中本当に頑張ってくれた。
今回は宮城県が夕刊が無い分その分カードをあげようと頑張ってくれた。
学業が最優先だから、学業に励みきちんと学校には行くように、東京ドームホテルの卒業式で会いましょう。との挨拶に引き続き表彰式が行われました。

表彰式後には私、読奨OB会 副会長 松川の乾杯で懇親会がスタートしお互いに苦労話に花が咲きました。

各自の自己紹介では4年生では大手に複数の内定を貰った話があり、奨学会からの企業宛の推薦状の有効性やコンクールの表彰状をESに添付する事により、他の就活生より頭が抜ける話などもあり大盛り上がりの中懇親会が終了し、引き続き懇親会はディズニーシーの中に移し皆懇親を深め終了しました。

9月 29, 2018

  • アタックインサマー。やっていますね。コンクールも今しかないです。楽しみも苦さも苦しみも、味わって下さい。夢を持ち希望に赤々と心を燃やして。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です